2019.06 初夏の花

更新日:8月6日




 ひと月遅れですが、6月分のブログを更新します。


 6月は初夏の植物を見に行ったのと、友人に会いに行ってきました。

 友人には、日帰りで北九州に会いに行って、のんびり話してから帰り、後日色んな人に「せっかく九州行ったのにもったいない!」と言われ続けました。


 以下は初夏の植物の写真。

 水生植物展があって、本命は蓮と睡蓮だったのですが、紫陽花やハイビスカス、プルメリアがとても綺麗でした。

 紫陽花は花も咲いていました。



 蓮といえば、「水のゆくえ」の主役のひとりを象徴する花です。

 実は蓮を間近で見たことが今までなくて、花の開き方や香りなど、堪能してきました!

 蓮は八重のものもありましたが、まだ全部咲いてはおらず、一部しか見れなかったのがちょっと残念です。



 現在の進捗について。

 文フリ大阪とその次の冬のイベントに向けて準備を進めています。


 今年の秋には、「ファンタジー世界の宿屋」が舞台の短編集を出します。これだけで何が出るかばれそうですが。


 次の冬には、ずっとあたためておいた童話の物語を出す予定です。

 秋に出すものを書くかたわら、一緒に書き進めています。ずっと書きたかったものなので書いていてすごく楽しいです。



最新記事

すべて表示

2021.11 部屋を模様替え

文フリ京都の準備に明け暮れ、サイトやツイッターが停滞気味です。 が、来月はウェブ小説・冬の部の更新月なので、来月はサイト更新予定です。 新刊準備は順調に進行しています。 童話下は主人公も仲間たちの悩みが晴れるわけではないので、最初から最後まで悩みに悩み、主人公が仲間に心を開くまでの時間がかかるのでその分ページ数が倍増……みたいになっています。 一回目の推敲中で、現在あと二話というところまできていま

2021.10 文フリ京都に申込み

次第に空気が秋めいてきました。 秋の空気や日差しが好きで、涼しくなってきたので本当はお出かけしたいのですが……、そこは断念です。 第六回文フリ京都に申込み 2022年1月16日の文フリ京都に出店申し込みをしました! 文フリ京都の募集が始まってからずっと悩んでいたのですが、ワクチン2回接種したことや新刊の準備ができそうだということなども含め、申し込みをすることにしました。 新刊は、実は2冊予定してい