​ウェブ小説

ウェブ小説を掲載しております。

ジャンルは基本ファンタジー、基本的に読切の短編や掌編のみを掲載しております。

​ウェブ限定公開から、イベントで無料配布したSS、または再録など。

ひととせバナー.jpg

ひととせ

​〔 2017年5月公開・2018年11月加筆 / 現代 / 日常ほのぼの系 / 切ない 〕
 ひとつの身体にふたつの魂を持つ女子高校生の日常の物語。

 おっとりした少女深春と、少し粗野な少年深雪。

 双子のような二人の日常はいつも通りで、ちょっとだけ切ない。

万華鏡バナー.jpg

​化け物と万華鏡

​〔 2018年9月頒布・ウェブ再録 / おとぎ話風 / ほのぼの 〕
 仲間の墓守をする、ひとりぼっちの化け物のお話。

(※2018年秋のフリーペーパーにつけたSSをウェブ再録したものです)

バナー_水底風鈴市.jpg

​水底風鈴市

​〔 2020年8月公開 / 和風 / 夏祭り / 手紙 〕

 海の底に行ったまま帰らなかった父さんのことを想い、海底に憧れる僕。

 夏のある日、僕は兄さんと一緒に宵町の風鈴市へやってきた。

​ ふしぎな町を舞台にした、ある家族のお話。

バナー_湖底残映.jpg

​湖底残映

​〔 2020年8月公開 / 沈んだ町 / 死の幻想 〕
 町がひとつ沈んでいる湖の噂を聞いて、夜の湖へやってきた私。

 そこで不思議な青年と出会い、私は水底に沈む町を覗き見る。

​ 人は湖底に何を見るのか。何に憧れ、何に安らぎを感じるのか。

ましろの道   死に囚われた人たちと、死者を看取る神・白鷺のすこし悲しい短編集

あの日、色見草の合間に真っ白な鷺を見た。

うっすらと雪を纏ったその鳥が、北の空へ飛んでいく。

 

私の目の前には、我が子の枯れたような屍体が横たわっている。

 

死と冬枯れは白鷺の姿をしている。

あれは死者を看取り、その魂を連れてゆく死神だ。

 

あの白い鳥が纏っているのは雪ではなく、あわい死者の魂なのだ。

ましろの道バナー.jpg

目次

(死者の国を探して森を彷徨う世捨て人の話)

(病の少女と、少女に花を届ける花売りの話)

(妻子を亡くしてから雪山で狩りをするようになった老人の話)

​​〔 2020年1月公開 / 死 / 安らぎの道・憂世の道 / 和風幻想 / 悲しい・切ない 〕

© 2018 by tonakaiforest. Proudly created with Wix.com

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now