2020.12 年の瀬の創作総括




 今年も年末になりましたので、今年の創作活動についてまとめていきたいと思います。



【はじめましての方向けのごあいさつ】

 ファンタジーの物語を本にする同人活動を行っております、葛野鹿乃子と申します。屋号は「トナカイの森」です。同人即売会などで、作った本の頒布をしています。



【今年の活動】

 今年はコロナがありましたので、イベントは1月の「文フリ京都」しか出ていません。

 5月、9月は、開催するイベントもあったのですが相方と相談して断念しました。ただ、何もないときも次回作の執筆をずっとやっていました。

 今年は短いものも含めて5作ほどのウェブ小説も書きました。今までは本にする物語を書くだけでせいいっぱいだったのですが、少しずつウェブ活動もやっていきたいと思い、いくつかアップすることができました。



【今年の製作物】

「絵本の国と冬のばら」(9,442字)

「ましろの道」(20,963字)★

「水底風鈴市」(2,806字)★

「湖底残映」(1,811字)★

「槿花一朝夢」(5,453字)★ ※完成していますがまだアップしていません。

「奔流に溶ける」(3,304字)★※テキレボウェブアンソロ作品

「春迎えの魔女」(15,478字)

「魔女たちに薔薇の花を上」(131,535字、解説なし:113,332字)※推敲中


 ★印はウェブ上の短編作品です。

 普段より作品数が多いです。ウェブ作品が多いからですね。

 イベントに出る機会が減っていたので、何かしようと思って夏頃に書いたウェブ作品が「ましろの道」以外の短編です。「ましろの道」は、急きょイベントに持って行く作品が「絵本の国と冬のばら」になったので、ウェブに上げた作品です。

 「槿花一朝夢」は書き終わっていますが、まだアップしていないものです。「奔流に溶ける」も一緒にサイトの方にアップしたいです。

 「ましろの道」以外は、イベントがなくてこのまま一年何も活動していないのはまずいなあと思って、夏ごろにウェブ小説を3つほど作ろう、と思ったのが始まりです。



【現在テキレボEX2参加中】

 「奔流に溶ける」は、現在参加中のイベント「テキレボEX2」のウェブアンソロに投稿するために書いたお話です。「槿花一朝夢」のスピンオフ作品ですが、肝心の本筋はまだアップしていないという状態です。1月にアップする予定です。

 5月に書いて、一度完成させたまま置いておいた「春迎えの魔女」「魔女たちに薔薇の花を上」を、今回のイベントに合わせて手直しして、新刊として出すことにしました。今年は「絵本の国と冬のばら」以外に製本する物語が作れないかなと残念に思っていたのですが、通販型のイベントに参加することができ、現在最後の見直しをしている最中です。こうして作品を作り、発表する場がこのご時世でもあることに感謝しております。



【今後の方針・来年やりたいこと】

 今年、イベント参加を見合わせることによってはっきりしたことがあります。

 それは……。


 自分は締め切りがないと作品を完成させることができない、ということです。


 スケジュール管理ができなくてだらけてしまうのではなく、ほぼ作品を作り終えても、時間があればあるだけ見直ししてしまうので、印刷・製本に踏み切れないのです。もっとよくできるんじゃないかな、と思ってしまうので、イベントなり自分でこの日にアップする、という取り決めがないと仕上げができない、ということに気づいてしまいました。


 来年もイベント参加ができるかわからない状態。

 それでも執筆活動は続けたい。

 直参でのイベント参加が難しいなら、ウェブを中心に活動するようにしようかと考えています。定期的に短編をアップしていくようにルールを決めて書いていこうかと考えているのですが、現在ネタ集め&プロット整理中です。


 製本する物語も書いていきます。

 「魔女たちに薔薇の花を下」と「ルペシュール(仮)」という、ちょっと長めの小説を来年の内に完成させたいです。「ルペシュール」は1/3くらいは書いているのですが、まだまだこれからです。

 2021年のイベント参加は、今のところ難しいかなと思っているので、ひたすら作品を書いてアップしていけたらそれでいいと思っています。現況が落ち着くか、通販型のイベントがあったら参加するかもしれません。



【コロナ禍の状況下での創作活動】

 イベント中止・参加見合わせがあったことで、今年は1回しかオフライン活動をしていません。ポスターとかお品書きとか、もっと凝ったの作りたいねと相方と話していた矢先のことでしたので、やる気だけあるのに作っても発表する場がなく、春先はちょっとだらけてしまっていました。

 この状況がいつまで続くかわからず、いつまたイベント参加ができるかもわからない。

 そんな中で、創作活動とどうやって折り合いをつけていくか。参加ができないからほぼ休止状態で何もせずにいるのかというと、それはありえないと思いました。

 それなら、今この状態でできることは何なのか。改めて思ったのが、家にいても世界中と繋がりを持てるネット・ウェブの力です。色んな立場・事情の方が今どうやって創作と向き合っているのか、知ることができます。だから今やるならウェブ活動だなと思いまして、このブログを始め、2021年はウェブ小説を書いていきたいと思います。




最新記事

すべて表示

テキレボEX2 中間レポート

2020年12月26日からの全通販型同人即売会テキレボEX2に参加中です。 色々な関係で開催期間が3月21日まで延長になったので、ここいらを中間点としてレポートにしていきたいと思います。 テキレボの追加募集で何とか参加することができ、わりと効率よく準備をすることができました。 ウェブアンソロ1作目やお品書き展覧会は、短編を書いたりお品書きの画像をツイッターに上げていくので、参加がしやすく、まだ知ら

2020.11 テキレボ準備に追われて2

テキレボ準備中です。 作業自体はちゃんと進んではいるのですが、まだ完成はしていないので、お知らせなどがまだできない状態です。イベント開催の2週間ほど前から、ぼちぼち作品のお知らせをツイッターやサイトでやっていきたいです。 11月10日に、テキレボのウェブアンソロが公開されました。 久しぶりにツイッターを開いたときに通知を見て、(緊張とかで)お腹にもったりとしたダメージを受けまして……。前日もツイッ

© 2018 by tonakaiforest. Proudly created with Wix.com

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now