2019.09 第七回文フリ大阪レポート

最終更新: 2019年9月11日




 2019年9月8日(日)開催「第七回文学フリマ大阪」の参加について振り返っていきます。文フリは、1月の文フリ京都をお休みしたので、一年ぶりです。

 台風が懸念されていましたが、無事開催になってほっとしました。(関東が大変だったようなので、手放しでは喜べませんが……)




 今回、お品書きを合同サークルで一緒に活動しているミツカドに作ってもらいました。

 トマリギ亭が今回の主役ということで、木をベースにナチュラルな雰囲気に仕上げてもらっています。本がお皿に載っているのです。森のカフェみたいなイメージです。

 お品書きが可愛らしいせいか、ツイッターの方も普段の倍近いリツイートやいいねをいただきました。本当に有り難く、嬉しいです。


 印刷やカッター作業などをほぼ2日前くらいに終わらせることができたので、かなり余裕のある日程で準備をすることができました。余裕がなくて焦るとよくミスをするので、今後も準備を入念にして臨みたいです。



【当日編】



 今回のスペース写真です。

 去年と違って本が4種。新刊とセットでトマリギ亭シリーズを並べています。今回、トマリギ亭を押し出すために専用のポップを作りました。トマリギ亭がピックアップとして目立つように、あと内容や雰囲気がパッと見で伝わるように。

 あとは、木製の什器に本を4種立てかけられるように工夫しました。左下は平積みにしていますが、本を四面置きできます。

 右側に背の高いものを置いたので、店番するときちゃんと顔が出せます!(去年まで要塞を築いていたのでお客さんとのやり取りがしにくかった)


 全体的に、本が大きく動いたなと実感しました。魔女とトマリギ1が今回で再販予定なしの完売です。トマリギ2と昔話も多めに持っていったのですが、予想以上を頒布することができました。ツイッターでの宣伝、見本誌提出、ブースでのポップ、力を入れてやったことがちゃんと頒布に繋がったことを実感しました。

 4種のうち3種が手に取りやすい系の本だったのもあってか、多分初めての方にも本を手に取っていただけたのかなと思います。「ここの全部ください!」って言ってくださった方がいらして、嬉しいやら、慌てるやらで……。本番中はどうしても緊張していてちゃんと笑顔を作れているか心配です。よく、もう少し嬉しそうにすればいいのに、と言われるので。いや、ちゃんと内心は大喜びなのですが。

 

 お隣の皐月うしこ様と加条きりえ様にはとてもよくしていただきました。ご挨拶やお話がとても丁寧で、気持ちよく、また楽しく過ごすことができました。

 ただ、真後ろが、キャリーを椅子の後ろに置いていたのが……。やっぱり面と向かって注意するのは精神的にきついですね。こういうことにも慣れないといけないのかな。


 今回は、本を買うときにできるだけサークルさんに声をかけました。お喋り、苦手な方ですが、直接それぞれのサークルさんの本が好きという気持ちを伝えることができてよかったです。



 今回買った本です。ツイッターで気になっていたものが半分くらい、あとは見本誌やスペースを巡って手にしました。ジャンルが見事にばらばらなのですが、執筆中ファンタジーばっかり書いていてちょっとファンタジー疲れしていたので、純ファンタジーが少なめです。ツイッターの戦利品写真などを見ると、あれ見とけばよかったなあと思うこともしばしば。

 でも、久々のイベントで手に入れた本! じっくりと楽しませていただきます!


 次回は、9月29日の関西コミティア56、10月14日の名古屋コミティア55に参加します。

 今年は初めての遠征です。ちょっとずつ、活動範囲を広げていけたらと思います。あと、今年の冬から春は、サイトの更新の方にも力を入れたいので、ウェブで小説をアップしたいと思います。


© 2018 by tonakaiforest. Proudly created with Wix.com

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now