​湖底残映

 私は湖のほとりを歩いている。

 夜露に濡れた草叢を踏み歩くと、足裏にしっとりとした感触が吸いつくようだった。

 湖は夜を溶かしたような暗い色を湛え、白い満月が浮いている。風も立たない凪いだ湖面は、鏡のように月夜の空を映し取っていた。

 湖の周りには何もない。広がる草原の向こうに森らしき影があるだけだ。

 湖のほとりをひたすら歩む。足が草を払う音がさらさらと、生温い空気に触れて消えていく。

 湖の外径を巡るように歩んでいくと、人影が前方に認められた。

 近づくほど人影がくっきりしてくる。薄汚れた外套を目深に被り目元を隠していた。彼は湖のほとりにひとり佇んでいたが、私が近づくと身体をこちらへ向けた。

 月明かりに頬が青白い。どんな表情をしているかはわからないが、口元はただ引き結ばれている。

 私は独り言のように口を開いた。

「町は今、見えないのだろうか」

 すると彼は、涼やかな青年の声で答えた。

「夜でも見えますとも。よくご覧なさい」

 青年は人差し指を湖へ向けた。彼の指の先へ視線を向ける。湖をよく見下ろしてみた。

 鏡のように夜空を映している湖面が、角度を変えると半透明になる。薄青い水の膜の下に町が揺らいでいた。

「昼間であれば、もっとよく見えます」

「昼もここにいるのかい」

「ずっとここにおります」

「ずっとここにいるのかい」

「この町が湖の底に沈んだときから」

 私は問いを重ねることをやめた。私が彼について知りたいことはいくつもあったのだが、いくつもの問いが沸いては喉の辺りで詰まった。そうするうちに何かを訊く気が薄れてしまった。

 青年はひたすら湖面を見つめている。

 青年の頬は青白い。青白い月光に染まっているからか。

 私も湖面を見下ろす。夜空の水底に沈む町が窺える。

 この湖には、町が丸々ひとつ沈んでいるのだという。

 そうした伝説の類があちらこちらに流布していて、私は興味本位でこの湖へと足を運んだ。

 伝説を信じる者は少なく、真に受ける者はからかわれたり馬鹿にされたりもしていたから、実際に人が訪れることは少ないのだろう。

 夜色の水の膜の向こう側に、いくつもの建物がある。白い石の壁、色とりどりと思しき屋根、石畳の道、看板も街灯も植樹も、地上に存在していたであろうそのままの姿で存在している。どこも崩れていないし、海藻が町の合間に生えてもいないし腐食も見られない。時を止めたかのように、在りし日の町の面影をそのまま留めている。

「美しいでしょう。湖に入ると、もっと町の美しさを感じられましょう」

 青年は自慢するような声色で言う。

「青く澄んだ水の中の町をひとり漂うと、私は伝説と一体になったかのような高揚と清閑を得られるのです」

 私は湖面の月を見つめて想像する。

 澄んだ水の中にある白い町を泳いで巡る。そこには人も魚もいない、音すら水に閉ざされた深閑とした場所だ。水を纏いながら町の合間を通れば、私も彼のように高揚と清閑を得られるだろうか。

 私の唇が自然と動く。沸き上がるような高揚に、声音に自然と熱が篭った。

「それは、とても静かだろうね」

「とても静かです。自分の身体の感触も熱も、すべて冷たい水に呑まれて、湖と一体になるのですから」

 そうなれたらどんなにいいだろう。

 私は胸の内から沸く高揚を抑えきれずにいる。それは指先までも支配し、私を湖の中へと導こうとする。

 私は靴を脱いだ。裸足になった方が、水の感触を直に感じられて心地良かろう。

「私も入ってみようと思う」

 私がそう言うと、青年は初めて口元を笑ませた。気がつけば、青年の頬を雫が一筋滑った。青年の外套はすっかり濡れて水が滴っていた。まるでずっと水に浸かっていたかのようだった。

 私は青年のその笑みに見送られ、湖の中へと身を投げた。

 水の跳ねる音が湖面を穿つ。すぐに爪先から頭の天辺まで水に包まれて冷たくなった。

 錘を纏ったように湖底へと沈んでいく。

 そこには町がある。白い石造りにとりどりの色の屋根が、素朴だが美しい都だ。

 水の青はやがて私と交わり、私は水面を通して差し込む月光を仰ぎ見た。私は石畳の地面に横たわり、遠く揺らぐ湖面を見上げる。

 身体中の熱が奪われ、私は湖と一体になった。

 沸き上がる高揚さえ水に溶け、冷えて消えていく。

 あの青年もきっと、既に水に溶けていたのだろう。

 湖底にあるのは沈んだ町か、それとも幻か、あるいは別の世界の都なのか。

 ただ湖面からは、沈んだ美しい町が見える。

 そうして私の死骸は、湖底に沈んだいくつもの骨とひとつになった。

あとがき

 雰囲気重視のちょっとふしぎな短編を書きました。

 湖の底にある死の都に魅入られ、沈んでしまった人のお話です。

 西洋にはいくつも町が水に沈んだ伝説があります。前後にもっと沈んだ理由やら沈んだ後の話などもあるのですが、今回は「湖に沈む町」だけを切り取って沈む人を書きました。いつか沈む前後を踏まえてもう一度同じテーマで別の物語を書いてみたいです。

 ここまで読んでくださり、ありがとうございました。

© 2018 by tonakaiforest. Proudly created with Wix.com

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now